眼瞼下垂を治してハリのあるお顔|パッチリ目元

男性医師

細い眼と病気の関連性

顔の手入れ

眼が細い人は眼瞼下垂である可能性があります。眼瞼下垂は視界や頭痛、肩こり、おでこにシワができる等、様々な問題が生じますので治すべきです。治療は手術が一般的です。安全な手術であり、長くても90分くらいしかかからず、保険も適用されます。どうしても手術に抵抗がある人は、切らない手術という選択肢もあります。

Read More...

瞼の垂れ下がりの基礎知識

整形手術

眼瞼下垂は まぶたを上げる眼瞼挙筋の活動が弱かったり 時と場合によっては、完全に動作しない状態で、外見上は腫れぼったく見えたりします。先天性と後天性があり、後天性のほうが施術が行いやすい面があります。

Read More...

瞼が垂れる症状

頬に手を当てる人

眼瞼下垂は、多様な原因が作用して上側の瞼がノーマルな位置よりも下がってしまう疾病を指します。黒目の上が少し消えるレベルの場合が多いのですが、悪くすると外見が悪くなったり、肩こりになったりといった症状が現われ、手術も必要になります。

Read More...

まぶたを縫い縮める治療

顔の美容整形

まぶたの弾力と伸び縮み

皮膚や筋肉はゴムのようなもので、十分に弾力があれば、引っ張ってもすぐに縮みます。そのためまぶたも、皮膚や筋肉に弾力があるうちは、収縮することでパッチリと開いた状態になります。ところが加齢によりその弾力が失われると、上手く縮まらなくなります。これがいわゆる眼瞼下垂で、これにより目は、上の部分がまぶたに覆い隠されるようになります。つまりパッチリと開いた目ではなくなるわけです。これを解消するためにおこなわれているのが、まぶたを縫い縮めるという治療です。たとえばパンツはゴムがたるむとゆるくなりますが、そのゴムを短くすれば、腰にフィットさせることができます。それと同じで、まぶたも垂れ下がらない程度に縫うことで、眼瞼下垂を解消することができるのです。

安全性が高く手軽

この、まぶたを縫い縮めるという眼瞼下垂の治療は、まぶたの裏側からおこなわれます。まぶたを裏返し、結膜に糸を通し、それをたくし上げて固定するという方法です。髪の毛よりも細い糸が使われるので、それを通すことによる結膜へのダメージは非常に小さいです。施術中の出血はもちろん、施術後の腫れもあまり生じないので、安全性の高さからもこの方法は注目されています。また、糸を固定するためにはしっかりと結ぶことになるのですが、糸が細い分、その結び目もごく小さなものとなります。そのため施術後に、強い異物感が生じることもありません。施術時間も短く、両目あわせても30分ほどとなっています。安全で手軽で、なおかつ効果が高いため、眼瞼下垂の治療にこの方法を選ぶ人は多くいます。