眼瞼下垂を治してハリのあるお顔|パッチリ目元

医者と看護師

細い眼と病気の関連性

顔の手入れ

瞼の筋肉、神経の異常

眼が細い人は、眼瞼下垂である可能性があります。眼瞼下垂とは瞼の筋肉、もしくは神経に異常がある病気で、瞼を上げることが難しいという病気です。ですから、自然と眼が細くなってしまうというわけです。眼が細い状態ですから、当然、上下の視界に狭さを感じます。また、瞼の重さを感じますし、頭痛や肩こりも発生しやすくなります。また、視界に異常が出るということは、物が見えづらい状態につながります。人間は物が見えない時、目を細めて見ようとしますが、これにより額や目尻にしわが出来てしまいます。こういった様々な不具合が生じてしまいますから、眼瞼下垂は治療を受けて改善することが賢明な判断です。

一般的な治療は手術

眼瞼下垂の治療を行っているのは、形成外科や美容外科等です。治療内容は、手術というのが一般的です。眼の手術には恐ろしさを感じるものですが、眼球ではなく、あくまでも瞼の手術ですので基本的に視力が失われるといった心配は無用です。傷跡に関しても目立たないように処置されますので心配は無用だと言えます。もし心配ならば、実績が豊富な医療機関を選ぶことが賢明です。手術時間は術式によって異なりますが、長くても90分程度です。従って、日帰り手術が可能です。費用に関しては保険が適用されますので、3割負担で済むこととなります。医療機関によっては、切らない手術を行っているところもあります。ですから、どうしても瞼を切ることに不安を感じるのならば、切らない手術を選択することもできます。