眼瞼下垂を治してハリのあるお顔|パッチリ目元

医者と看護師

瞼の垂れ下がりの基礎知識

整形手術

瞼の下がりの要因とは

眼瞼下垂症は、モノを眺めるときに、上のまぶたが垂れて黒目にかかってくることで、上まぶたが開けにくくなる状況になっています。手術を行なうときには、眼瞼挙筋の作動にプライオリティを置いて行われます。まず、先天性眼瞼下垂は、生まれた時から生じます。多くの場合は、生まれなが、眼瞼挙筋の動作が機能不足な場合です。 挙筋そのもの、或いは挙筋を支配下に置く神経に下垂が発生する原因が想定されます。また、後天性眼瞼下垂については、一般的に考えて年配の方に多いといえます。目を引っ掻いたり、長い期間コンタクトレンズを利用しているケースに、引き起こされることが多いといえます。 外傷などが端緒になるケースがあります。

後天性は治療しやすいです

眼瞼下垂が見られる原因において一番多く、その上施術による是正が行いやすいのが後天性眼瞼下垂といった加齢現象が理由によるものです。 年を取るごとに、まぶたをあげる筋肉とまぶたの裏にある板状の組織との結合している部位が段階的に緩んで来ることからまぶたを開くことができるパワーが活動的でなくなってくるからです。こういったものを老人性眼瞼下垂もしくは腱膜性眼瞼下垂と言われています。 若い場合でもハードコンタクトレンズの継続使用、あるいは外傷に影響されてまぶたおよび筋肉の付着している部分がゆるみ、まぶたを開くことができる力が脆弱になり眼瞼下垂になることに繋がります。 こうした症状の場合、手術によって、治療が行いやすいといえます。