眼瞼下垂を治してハリのあるお顔|パッチリ目元

医者と看護師

瞼が垂れる症状

頬に手を当てる人

瞼の下がる症状

眼瞼下垂と言いますのは、まぶたを上げる筋肉であります眼瞼挙筋のパワーが減衰してしまい、しっかりと目が開かなくなるというようなケースでのことだと考えられます。素肌が目尻のところにかぶさってしまいそして、目元の表情が悪くなり、さらに眠そうで漠然とした様子に見られ気味になります。 ですから、美容上もあまり、好ましくないといえます。それに加えて、意識することなく額もしくは眉を上にあげて目を開けようとすることから、額もしくは眉間のシワの引き金となります。自分で気付く症状が一切無い状態で特有の症状が促進してしまう人も数多くあって、特有の症状がどんどん進むと頭痛もしくは肩こりそして、眼精疲労にもなることも有り得ます。

次第に症状は重くなります

眼瞼下垂の人は、目のオープンを支配下に置く筋肉が弱くなっていることから、力任せにまぶたを開けようとその分の力を用います。まぶたを開けていくケースでは、眼瞼挙筋およびミュラー筋が使用されます。ミュラー筋は自律神経に絡むことから、眼瞼下垂の人が目を強制的に開けると、ミュラー筋の緊張感が継続し、肩や首などといったところのコリに直結します。このような内容のケースでは、どれほど湿布薬をくっ付けても、原因が修繕されていないので、肩こりは浸透します。さらに悪くなると、頭痛そして、冷えにもなりかねません。眼瞼下垂が進むと、肩こりや頭痛と化すだけではないのです。まぶたが重なり、三重になります。この段階まで進展すると、一層手術が求められ、危険性がつきまといますので早く治療しましょう。